MENU

xCurrentとは? xCurrentの概要を分かりやすく解説

xCurrentとは?

リップルのネットワークシステムの中核をなすソフトウェアxCurrent
xCurrentは国際送金の即時決済と送金情報の伝達、可視化をおこないます。

xCurrentの概要

xCurrentは
確実な即時送金を実現

xCurrentは主に銀行による国際送金時における即時決済と送金情報の全てのプロセスの可視化を可能にする法人向けのソフトウェアになります。

xCurrent導入により、送金元銀行と送金先銀行間において送金情報の確認は勿論、取引前段階での決済内容の確認や決済後の着金確認等もリアルタイムで可能になります。

ここで一旦、現在の国際送金についてみてみましょう

現在、国際送金ではほとんどの場合においてSWIFTという仕組みを使い送金と送金情報の伝達が行われています。SWIFT(国際銀行間通信協会)はその名の通り、国際送金時における銀行間の送金情報の通信を執り行う組織です。しかしSWIFTでの送金は実に不安定でコストや日数のかかるものなのです。ちょっとSWIFT送金の概略図を見てみましょう。

例えば群馬銀行からA国のB銀行へ国際送金する場合に直接
群馬銀行B銀行 と、なるわけではありません。

国際送金時に、各国の送金の窓口、中継点になる銀行があります。
それを「コルレス銀行」といいます。

群馬銀行から日本の中継銀行(主にMUFG)に送金されそのMUFGとコルレス契約を結んでいるA国のA BANK、そしてB銀行といった流れを経て送金が行われます。

さらにMUFGとコルレス関係にないX国に送金する場合、X国とコルレス関係にあるA国のA BANKを経由し、X国のX BANKからY銀行と煩雑な送金経路を辿ることになるのです。

また、自国の大手銀行は相手国コルレス銀行に相手国の通貨を保有しておくための口座を用意してあります。(図の例で言えば、MUFGはA BANKにA国通貨を大量保有するMUFGの口座を持っている。)これをノストロ口座と言い、世界中のノストロ口座には5兆ドルとも30兆ドルともいわれる膨大な死蔵資金が保管されているとされています。

こうした一連のSWIFTを利用した国際送金は多くの日数とコスト、そして無駄なノストロ口座のプール金、さらには送金失敗のリスクをはらんだ不安定な方法と言えるでしょう。

xCurrentはこうしたSWIFTでの送金に代わり、たった数秒という時間、そして数円のコスト、失敗リスクを排除した、高速かつ低コストで安心な国際送金を提供するため開発されました。

以下はxCurrentの簡単な概略図になります。

xCurrent略図

このようにxCurrentで繋がった銀行同士はお互いにリアルタイムでの送金情報のやり取りが可能になります。この送金情報は主に「送信者」「受取人」「金額」「通貨種」などとなっています。

この送金情報の相互やりとりは送金元銀行と(状況によってはコルレス銀行を経由し)受け取り銀行という異なる台帳同士を跨ぐことになります。その異なる台帳間の通信を司るのがxCurrentの基盤に利用されている ILP(Interledger Protocol)という通信プロトコル(規格/規約)です。

この次の章で、xCurrentの内部構造を紹介した後、内部のコンポーネントの働きを踏まえつつxCurrent送金のフローを紹介しますが、ここではまず。「xCurrentは銀行間において法定通貨での送金及び、送金情報のリアルタイムな相互伝達を行うソフトウェア」ということを覚えておいてください。

xCurrentの採用を進める企業・組織

xCurrentは主に銀行や沢山の顧客を抱える大手送金業者向けのソリューションです。
以下に 2018年11月時点でxCurrentの採用を表明している企業をあげてみます。

中央銀行
サウジアラビア通貨庁
サウジアラビアの中央銀行で自国内の銀行がxCurrentを利用して送金インフラを向上させる支援を行うと表明
海外の銀行
Santander銀行
スペインの大手銀行。4ヵ国間で使えるxCurrentを利用したモバイル送金アプリのリリースを発表
日本の銀行
三菱東京UFJ銀行、みずほフィナンシャルグループ他、全61行
内外為替一元化コンソーシアムを結成し、リップルの技術を用いた国内外送金システムの構築を進行中
一般企業
LianLian Pay(連連)
中国の大手決済サービス。決済システムにxCurrentの導入を発表
他100以上の銀行・企業がxCurrentをはじめとするRippleNetへの参加、提携を表明しています。
またRipple社CEOのインタビューで提携数が200を超えるまで提携の公表は行わない旨の発言があり、話題になりました。「提携のペースが速いので今の提携数を公表してもすぐに変わってしまうから」という意図があるのかもしれませんね。そうなら提携スピードの速さを物語っていますね。

最終的にはこのように多くの銀行や送金業者等がRippleNetで繋がり、シームレスな国際送金網が構築されていくでしょう。

なお、xCurrent自体は、あくまで「送金情報の伝達、可視化」を担うソリューションです。xCurrent自体では通貨の実送金は行われません。ですのでXRPもここでは使われません。また、xCurrentの採用だけでは前述のノストロ口座の資金を開放することはできないでしょう。

仮に企業がxCurrentのみを導入した場合、実送金は既存のノストロ口座を利用した決済方法や他外部送金手段を使う必要が出てきます。

または、実送金を担う企業が導入したxRapidを選択することも可能になるでしょう。この場合XRPをブリッジ通貨として使うこととなり、xCurrentと既存の送金方法の組み合わせに比べ、さらなる送金時間の短縮とコストの削減が可能になります。また既存のノストロ口座の死蔵資金を開放することも出来るようになるでしょう。

xRapidの詳細はこちらから
xCurrentで構築された送金システム網の概要図

このイメージのように、xCurrentを採用した銀行や送金業者、取引所などがネットワークで繋がり、即時決済の送金情報伝達網が構築されていきます。

xCurrentを構成する
4つのコンポーネント

ここからはxCurrentの技術的な側面の解説になります。
多少難しい話になりますが興味がある方は是非ご一読ください。

xCurrentは「Messenger」「Validator」「ILP Ledger」「FX Ticker」と呼ばれる4つのコンポーネントから構成されています。ここではそれぞれの役割と動作について解説していきます。なお、解説内容は前項で翻訳した3つのpdfファイルからの抜粋翻訳となります。

Messenger

MessengerはAPIベースのメッセージングモジュールであり、接続されたRippleNetバンク間の双方向通信を可能にします。
取引当事者は、Messengerを利用して、KYCとリスク情報、コンプライアンス、手数料、為替レート、支払いの詳細、予想される資金の送信時間に関する情報を交換します。

これは、この情報をパッケージ化し、元の銀行に全体のコスト構造を提示し、トランザクションの総コストに前例のない可視性を提供します。

情報が間違っているか欠落している場合、取引当事者はトランザクションを開始する前にそれを知ることが出来、ストレートスループロセッシング(STP)のレートが大幅に向上します。

さらに、銀行はMessengerで行われた支払いのための手数料と為替レートを設定することができます。

為替レートは後述するFX Tickerで設定され、引用プロセス中にMessengerによって照会されます。

送信者が取引を承認すると、MessengerはILPを使用して資金を決済し、取引の確認をすべての当事者に通知します。

支払の送達確認と日中の流動性を監視する機能により、自動化された調整が行え、管理上の負担が軽減されます。

Transport Layer Security(TLS)v1.2を使用した暗号化された銀行間通信により、既存の金融機関システム、パートナーxCurrentインスタンス、およびxCurrentの内部コンポーネントとのセキュアな通信が可能になります

Validator

Validatorは、支払いの成功または失敗を暗号によって確認するxCurrentのコンポーネントです。

これは、すべての決済リスクを除去し、決済の遅延を最小限に抑える方法で、取引当事者のILP Ledger全体の資金移動を調整します。

Validatorは、銀行の顧客の識別可能な支払情報のプライバシーを保護しながら取引の取引相手に対して信頼に足る唯一のソースを提供します。

銀行には、独自のValidatorを実行したり、すべてのトランザクションに使用したり、取引相手方によって実行されるValidatorに依存したりする選択オプションがあります。

ILP Ledger

ILP Ledgerは、各取引銀行の総合台帳の補助台帳です。

xCurrentのこのコンポーネントは、取引当事者間のクレジット、デビットおよび流動性を追跡するために利用されます。

ILP Ledgerは、取引当事者が資金をアトミックに決済することを可能にします。これは(アトミックな決済とは)どれだけ多くの当事者が関わっていても、トランザクション全体が即座に決済されるか、まったく決済されないか、いずれかであるということを意味します。

アトミックに決済する機能により、資金の決済がミリ秒単位で行われるため、リアルタイムの支払いを送信する機能を通じて、新しい低価格な製品の提供を可能にします。

さらに、支払いが完全に処理されるか、または取引に先行して失敗を認知できるため、決済のリスクは排除されます。

ILP Ledgerは、取引銀行に24時間365日のオンデマンドな可用性を提供するように設計されています。

これらの機能を組み合わせることで、銀行は低価格でオンデマンドな国際決済製品やサービスを収益性よく提供することができます。

FX Ticker

FX Tickerは、流動性プロバイダーが為替レートをポストすることを可能にすることにより台帳間の両替を容易にする、xCurrentのコンポーネントです。

このコンポーネントは、構成されている台帳のペア間の為替レートを提供します。

さらに、構成された各 ILP Ledgerのアカウント、通貨、および認証資格情報を追跡します。

トランザクションにおいて、ILP Ledgerの決済を調整し、為替見積の妥当性を保証し、支払金額を受取銀行の ILP Ledgerに転送します。

銀行の既存の為替および価格設定エンジンから為替レートを供給するために使用できるAPIです。

xCurrentを利用した送金の概要

第2章で紹介した4つのコンポーネントを踏まえ
xCurrentでの送金がどのように行われるのか解説していきます。