MENU

ILP (インターレジャー・プロトコル)とは?

ILPとは?

ILPとは、円とドル等の法定通貨、またはビットコインやXRPなどの異なる通貨の台帳どうしを繋ぎ、相互通信(送金)を行うためのプロトコル(通信規約)です。

ILP(インターレジャー・プロトコル)について

ここではまず、ILPとは何なのかをザックリと解説してみます。この項では技術的な部分は省略します。ここではILPがRippleにおいてどんな働きをするのかに焦点をあてて見ていきます。

ILP(インターレジャープロトコル)を簡単に言い表すなら
「円とドル、BTCとXRP、そして円とBTCと、異なる通貨の台帳(Ledger)を繋ぎ、互いの価値の移動(つまりは送金)を行うための通信規約」
となります。

また、ILPはあくまで通信規約といったものになるので、Ripple社のxCurrentやxRapidのようなソフトウェアソリューションではありません。後述しますがxCurrentはこのILPを基幹とした送金用のソフトウェアとなります。

ILP概要

ILPは2015年10月にRipple社によって公開されたプロトコルで、銀行や、ビットコインなどの仮想通貨、電子マネーやクレジットカードなど、あらゆる台帳間において価値(お金)の行き来を可能にするために開発されました。

現在W3CというWEB技術の標準化団体によって標準化が進められており、インターネット上における価値移動の標準技術として期待されています。

まず異なる台帳間とはどういうことなのでしょうか?ここから見ていきましょう。台帳とは銀行の口座など、個人のアカウントがあり、そこに紐づけられた金額の残高などが記録されているデータベース的なものといえるでしょう。

銀行の台帳。仮想通貨の台帳。クレジットカードの台帳。これらはそれぞれ全く異なった仕組みで構築され運用されています。

仮にあなたが銀行の台帳の利用者であり、知人にお金を振り込む必要があったとします。そしてその知人は仮想通貨の利用者だったとしましょう。

本来であれば仮想通貨で振り込んで欲しい知人に対し、銀行からの円を送金することはできません。しかし両台帳がILPで接続されされていれば、簡単にかつ安全、低コストで支払いが出来るようになるのです。

ILPとリップルの関連性

ILPは異なる台帳間を繋ぎ価値の移動を可能にする通信規約と説明しました。
ちょっとここで、ILPが誕生する以前のRippleの話をおさらいしてみましょう。

当時はRCL(Ripple Consensus Ledger)というXRPの台帳がありました。(※現在のXRP Ledger)
これは銀行自身の台帳とRCLの間にゲートウェイを立てIOU(借用証書)を発行しRCL内で法定通貨(IOU)とXRPの変換を行う。といった仕組みでした。いわゆる「オンレジャー(オンレッジャ)取引」と呼ばれるものです。

しかしこれには好意的な銀行もあったそうですが、多くの銀行が拒否反応を示したそうです。
XRPの保有・利用を強制されることとオープンな台帳での取引を強制されることやゲートウェイを立てる必要があることなどが理由だったとのことです。

ILPの登場はそういった銀行の懸念点を払しょくしました。つまり日本の銀行とアメリカの銀行をILPで繋ぎ、直接送金情報のやりとりが出来るようになり、またXRPを用いたブリッジを行う場合も、取引所等で法定通貨→XRP等の両替を行い、それをXRP Ledgerに反映させるといったいわゆる「オフレジャー(オフレッジャ)取引」も出来るようになったというわけです。

ILPの登場で、国際送金や支払い・決済の概念が大きく変わろうとしています。
例えば、ポイントカードや電子マネー。これらは各社多様な種類で溢れ返っています。お店のレジカウンターにも多くの電子マネーリーダーが用意され非常に煩雑なオペレーションを強いられてる現状もあるでしょう。

本来電子マネーやポイントというものはある種、囲い込みの為にあるものと言えるでしょう。
しかしそれがユーザーの利便性を損なう場合もあるというのは否定できない事実だと思います。

ILPの浸透によってこういった状況を一変させる動きも出てくるかもしれませんね。