SBIVC がXRPとフィアットを最初のペアとして上場することを発表

SBIVC がXRPとフィアットを最初のペアとして上場することを発表

SBIVC XRPとフィアットのペアを上場予定

SBIホールディングスは、世界的なXRPの流動性の高まりを背景に、新たに開業する仮想通貨取引所「SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)」が取引開始時にサポートする最初の通貨にXRPを採用すると発表しました。

SBIホールディングスの北尾CEOは以下のように述べています
「(XRPには)明確なユースケースがあるだけでなく、他の仮想通貨よりも速く、安く、拡張性も高い。私はそれが仮想通貨のグローバルスタンダードになると強く信じている」

SBIVCによるxRapidの採用も示唆されていますね。
>SBIVCはxRapidエコシステム(Rippleのエンタープライズグレードソリューション)に参加し、日本と世界の国境を越えた国際送金のために機関が流動性を確保できるよう支援しています。RippleはSBIVCのAPIを最終的に統合し、xRapidユーザー(日本との間でやりとりをしている送金会社と銀行)は、XRPとJPYをSBIVC経由で瞬時に相互変換することができます。
とのこと。

SBIグループはこのSBIVCをはじめ、住信SBIネット銀行(RCクラウドの内外為替一元化コンソーシアムに参加)。SBIレミット(xRapidを採用するマネーグラムと提携)。SBIリップル・アジア(RippleとSBIホールディングスのジョイントベンチャー)を擁し、Ripple、XRPと非常に結びつきの強い企業です。

このように金融機関のスペシャリスト集団がXRPを採用することの意味の大きさたるや。というものですね。
これからのRippleの躍進のキーになることは間違いないでしょう。

こちらは以前に公開されたニュースのアーカイブ記事です。
記事内には後日、新たな情報を元に再構築した部分もございます。
最新の情報と異なる場合もございます。ご了承いただければ幸いです。
元ニュースは2018/01/31のもの
0

Ripple(XRP) おすすめの取引所

リップルをはじめとする仮想通貨は複数の取引所に分散して保管し安全性を高めることをオススメします。
当サイトでご紹介する取引所は全て「仮想通貨交換業者」として金融庁に正式に登録されている安心して仮想通貨の売買、保管のできる取引所です。

bitbank(ビットバンク)

ビットバンクは特におすすめの取引所です。
顧客資産のコールドウォレットで管理を明言しており、トップレベルのセキュリティを提供しております。
オーダーブック(取引板)形式なので透明性の高いお取引が可能です。Rippleの板取引は貴重なので、初めての方はもちろん、他の取引所や販売所でXRPを運用している方にもおすすめです。また手数料の安さも非常に魅力ですね!

bitbank公式 まずは無料の口座開設

GMOコイン

GMOコインは東証一部上場のGMOインターネットグループの運営する取引所です。
簡単にリップル等の仮想通貨が購入できる販売所形式なので初めての方も気軽に参加することが出来ますね。
また10倍のレバレッジに対応したビットコインFXも投資家に人気です。専用のモバイルアプリ「ビットレ君」は全9種類のテクニカル指標を利用することができます。スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能ですよ。

GMOコイン公式 無料の口座開設

BitTrade(ビットトレード)

BitTradeでは世界で最も親しまれ、100を超えるテクニカル分析が使えるTradingViewを採用。 トレンドラインや一目均衡表はもちろん、通貨ペアの比較分析も可能です。
FX事業を展開する「FXトレード・フィナンシャル(FXTF)」運営の取引所でしっかりとしたノウハウ・管理体制があり、安心してお取引いただけます。

ビットトレード公式 無料の口座開設

XRPカテゴリの最新記事