Viamericas xRapidのパイロット成功を報告

Viamericas xRapidのパイロット成功を報告

Viamericas xRapidのパイロット成功を報告

コチラの記事でRipple社がxRapidのパイロットテストの結果を報告した旨、掲載しまして、その中で今回の報告がメキシコのCuallix社のパイロットテストについてではないか?と言及しました。

しかしどうやらこれはアメリカはメリーランドに所在する「Viamericas」という送金プロバイダーの話のようです。
BuisinessWireにViamericasの共同設立者でCEOのPaul Dwyer氏のコメントが掲載されています。

Advertisement

私たちはパイロットの結果に非常に満足しています。
xRapidは流動性コストを削減し、送金スピードと透明性を向上させ、厳格なコンプライアンス管理を容易にすることは明らかです。
XRPのようなデジタル資産は将来のクロスボーダー決済において重要な役割を果たし、採用が進むにつれてレガシー決済インフラストラクチャの構造的な非効率性の一部に安全に対処するのに役立ちます。
我々は、リップルを使って次のステップを探ることを楽しみにしています。
出典:https://www.businesswire.com/news/home/20180510005148/en/Ripple-Reports-Positive-Results-xRapid-Pilots

アメリカ→メキシコ間の国際送金ということで、かねてから送金テストを実施していたCuallix社かと思いましたがViamericasだったんですね。
というか、そもそもこのViamericasはxRapidの採用先(試験運用含む)としては全くアナウンスされていない企業でした。全くのノーマークです。

Viamericasについて

ちょっと調べてみたのですが、Viamericasは前述のとおりアメリカはメリーランド州に拠を置く送金事業を行っている企業で、Vianextというオンライン送金サイトとモバイルアプリを展開しており、主にアメリカからメキシコ、中南米、フィリピン、インドおよびその他の国々に24時間365日の送金サービスを行っている送金会社だそうです。
主要な送金先がメキシコなんですね。

主要な株主にIFC(International Finance Corporation:国際金融公社)の名前がありますね。
IFCは世界銀行グループの一機関で、貧困減少と生活改善を目的に発展途上国における民間セクターに対する投資支援や技術支援などを行っており、1956年に設立されました。

Ripple社は、xRapidはじめとする国際送金において、まず狙うべきターゲットはまだ効率は良くないものの取引額が大きいペア、いわゆるマイナーペアである旨を言っていました。
例えばユーロ→インドルピーなどを例に出していましたね。

それと同じようにドル→メキシコペソや、ドル→ブラジルレアル、ドル→インドルピー、ドル→フィリピン・ペソ なども取引額は多いが、送金効率が良いとは言えないマイナーペアと言えるでしょう。
それらを主に取り扱うViamerica社は、まさしくRipple、xRapidにうってつけの送金会社かもしれませんね。

Advertisement

前述しましたが、今回のViamericasは事前に提携等のアナウンスが全くなかった企業でした。
このように水面下で提携を済ませ、試験運用をおこなっている送金企業は他にもいると思われます。
2018年は実需の年と考えております。Cuallix、MoneyGram、MercuryFX、そしてViamericasと、xRapid+XRPのパイロットテストを行っている企業からの上々な結果報告が続いています。
今年は本当の意味でRipple、XRPにとって飛躍の年になるのではないでしょうか。

0

Ripple(XRP) おすすめの取引所

リップルをはじめとする仮想通貨は複数の取引所に分散して保管し安全性を高めることをオススメします。
当サイトでご紹介する取引所は全て「仮想通貨交換業者」として金融庁に正式に登録されている安心して仮想通貨の売買、保管のできる取引所です。

bitbank(ビットバンク)

ビットバンクは特におすすめの取引所です。
顧客資産のコールドウォレットで管理を明言しており、トップレベルのセキュリティを提供しております。
オーダーブック(取引板)形式なので透明性の高いお取引が可能です。Rippleの板取引は貴重なので、初めての方はもちろん、他の取引所や販売所でXRPを運用している方にもおすすめです。また手数料の安さも非常に魅力ですね!

bitbank公式 まずは無料の口座開設

GMOコイン

GMOコインは東証一部上場のGMOインターネットグループの運営する取引所です。
簡単にリップル等の仮想通貨が購入できる販売所形式なので初めての方も気軽に参加することが出来ますね。
また10倍のレバレッジに対応したビットコインFXも投資家に人気です。専用のモバイルアプリ「ビットレ君」は全9種類のテクニカル指標を利用することができます。スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能ですよ。

GMOコイン公式 無料の口座開設

BitTrade(ビットトレード)

BitTradeでは世界で最も親しまれ、100を超えるテクニカル分析が使えるTradingViewを採用。 トレンドラインや一目均衡表はもちろん、通貨ペアの比較分析も可能です。
FX事業を展開する「FXトレード・フィナンシャル(FXTF)」運営の取引所でしっかりとしたノウハウ・管理体制があり、安心してお取引いただけます。

ビットトレード公式 無料の口座開設

xRapidカテゴリの最新記事